本来の自分じゃない?あなたが感じる違和感の正体

2019/04/14



「なんとなく、自分じゃない気がするんです。」

先日、カウンセリングにお越しになった女性のご相談です。

毎日なんとなく会社をして、なんとなく食事をして、
なにか大きな問題や悩みがあるわけではない。

でも、なんとなく自分でいられていない気がして、
気がめいる。

漠然とした違和感のようなものを感じて、
もやもやしているとのことでした。

私たちが幸せだなと感じる前提として、

「自分で生きている」ことです。

自分らしい、自分らしくない、なんてよく言いますが、

あなたは、自分らしい状態がどんな状態か
わかっていますか?




最近なんだかイライラしている。
自分はこんなにイライラする人じゃなかったのに…。

心から笑えていない気がする。
本当はもっと明るい性格だったはずなのに…。

何だかいつもの自分と違うな、
そんな違和感に気づく。

この、いつもとは違う自分に気づくためにも、
本来の自分を正しく知ることは
大切なことなのです。

あなたが違和感を感じるとき。

それは、本来の自分から離れていますよ。
というサインです。


そして、その状態が続けば続くほど、
心や身体に様々な症状を引き起こします。



本来の自分に戻ること。

これが、この女性に必要なことです。

その為には、この女性自身が、
本来の自分がどんなものか
正しくわかっている必要があります。

そして、もしわかっていないなら、
見つけていくことができます。

何が自分にとって楽しいことか。

自分が心がほっとする瞬間はどんなときか。

自分が思わず熱中してしまうこと、
友人に熱く語ってしまうことは何か。

自分がこれだけは譲れないと思うこと、
どんなことが大切なのか。

本来の自分とは?

その答えはすべて、
日頃のなにげない生活の中にあります。


それに気づけば、
あなたが本来の自分に戻ったも同然です。

10連休特別価格は4月27日分より開始。
詳細はこちらから


カウンセリングコースはこちらから
カウンセリング予約はこちらから


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
~どこにも負けないサポートをお約束~
心理カウンセリングであなたのパートナー探しを応援!
「結婚相談所RAIL&POINT」はこちら


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
カウンセラーに悩みを相談してみませんか。対面カウンセリング、電話カウンセリング