心理カウンセリングとは

心理カウンセリングを受けること。

それは、自分は弱い人間なのか?またはなにか病気なのか?
そんな暗いイメージがあるかもしれません。

しかし、実際のカウンセリングは全く違います。
とてもリラックスした明るい雰囲気の中で会話が交わされます。

あなたは、髪の毛が伸びれば美容院に行きますよね。それと同じように、カウンセリングもあなたの「心」を整える、生活に欠かせないものなのです。


例えば、家族に髪の毛を切ってもらうのと、美容院に行く違いはなんでしょうか。
それは美容師さんがあなたの髪の特徴を理解し、なりたい姿にしてくれるプロであるということでしょう。あなたの希望を聞きながら、
あなたに合ったスタイルを見つけてくれるのだと思います。

カウンセリングも同じ。

あなたの心の状態を理解し、なりたい自分になるサポートをする。
カウンセラーは「心」についての専門家なのです。


あなたは、こんなことはありませんか?
・身近な人に話を聞いてもらってすっきりしたけれど、結局悩みは改善しないまま。
・人に相談してみたけれど、理解してもらえず余計に傷ついてしまった。
誰にも話せないまま、一人で悩み続けている。

東京心理カウンセリングRAIL&POINTは、
ひとりでも多くの方に、「本当の自分」で生きてほしいという想いでスタートし、日々、
対面にてお話を聴かせていただいています。

人生は、本当に様々な出来事が起こります。
それが良いことでも悪いことでも、あなたが通るその出来事ひとつひとつが、あなたの人生を作っているのです
出来事をどう捉え、どう通るかが、あなたの人生を作ることなのです。

私と一緒に、
本当のあなたで生きられる人生を見つけませんか?

あなたのことをお待ちしています。


カウンセリングコースはこちら

心理コミュニケーティングについて

心理コミュニケーティングとは、
カウンセリング・コンサルティング・コーチングの全ての要素を網羅し、
クライエントの悩みを解決していく「最強の相談システム」の総称です。

そして、この心理コミュニケーティングを行うのが、私たち心理コミュニケーショナーです。


カウンセリングでは、心が軽くなったり、
頑張る勇気がわいてくるような結果を得られるときもあれば、逆に悩みが大きくなってしまったり、
ネガティブな気持ちが増してしまうときも残念ながらあるものです。
これらは一体何が違うのでしょうか?

その要因はいくつかありますが、ひとつにカウンセラーの姿勢があります。

カウンセラーとクライエントの関係性が、
「治してあげる人」と「治してもらう人」となった場合、お互いの関わり方が不自然になったり、機械的なものになってしまうことは少なくありません。
こんな関わりになった場合、クライエントは安心安定を感じることはできません。

本来のカウンセリングのかたちは、
カウンセラーとクライエントという関係性の前に、「人」と「ひと」という、
お互いを尊重した関係性があるのです。
そこには、どちらかが治してあげる、治してもらうというものありません。

普段のままのコミュニケーションを通してお互いを理解しあう。


この互いの理解と信頼があるからこそ、
クライエントはカウンセラーの言葉に耳を傾けてくれるのです。

そして、クライエント自身が自分の力で、自然と悩みを解決していきます

心理コミュニケーショナーはあなたをサポートをする専門家です

生きていると、色々な辛いことや苦しいことが起こるものです。失恋、人間関係の問題、大切な人との別れなど。

そのたびに、
「どうしてこんなに辛いことばかり起こるの」
「なぜ自分ばかりこんな思いをしなければいけないの。」
そんなふうに、心底疲れ果て、生きる気力さえも失ってしまうことがあります。

そんなとき、「生きていればきっとよいことがあるよ。」などと言われても、
何の気休めにもならないでしょう。
「こうしたらいいよ。」そんなことを言われても、
頭ではわかっていてもできないから苦しんでいるのです。


今、この文章を読んでくださっているあなたは、今どんな状況に置かれているのでしょうか。何か、とても苦しい状況にいらっしゃるのかもしれません。
誰にも話せず一人でがんばっているのかもしれません。


あなたが今抱えている辛さや苦しみを、他の誰かが100%同じように感じることはできないでしょう。
しかし、あなたが抱えるその辛さや苦しみを、私は精一杯理解したいと思います。
そのためにお話を伺い、あなたの考えや気持ちに触れられればと思っています。


自分について誰かに話すということは、ときにとても勇気がいることかもしれません。
しかし、人に話して、共に考え、感じていくことで、今一人で苦しんでいる状態からは確実に何かが変わるはずです。
一人で抱えず、頑張りすぎず、話をしにいらしてください。

あなたのお話を、他のどのカウンセリングよりも、
大切に大切に伺うことを約束します。



カウンセリングコースはこちら

カウンセリングについて

自動心理療法

ご相談者様の現在の状態を作っている、『思考』『感情』『行動』のそれぞれにアプローチをしていきます。

多くのカウンセリングでは、あなたが「悲しい」と言えば、「悲しいんですね」と話を進めていくことでしょう。しかし、その「悲しい」という感情自体が、本当にあなたが感じてる感情なのか?

実は、自分で「こう感じている」というその感情さえも、正しくないことが少なくありません。

私たちは、常に色々な感情を感じて生きています。(例えば、悔しいし、悲しいし、怒りも感じている・・というように)。
あなたが感じている本当の感情は何か?
まずはそれを精査していきます。
本当の感情に気づくことで、自然と、これまでどれだけ悩んでも見つけることのできなかった、自分の「どうしたい」という欲求、そして「どうしたらよいのか」という答えが出てくるのです。

現実力コーティング

私たちは、現在の自分の状態や自分が置かれている境遇を、どれだけ受け入れることができているでしょうか。
多くの人が、様々な不満を抱え生きています。仕事に対する不満や家族、恋人に対する不満、隣人や社会に対する不満、そして・・自分自身に対する不満。
このような不満は少なからず誰もがもつものでしょう。しかし、その不満が大きければ大きいほど自分の許容量を超え、さらに自分の人生は生きにくくなっていきます。

今のあなたは、本当の自分でいられていると感じていますか?

こんなはずじゃない、自分らしく生きられていない気がする・・そんなふうに感じていないでしょうか。私達は、本当の自分を感じ、生きやすい人生にするために、現実的な思考、行動、感情の持てる自分であることが大切なのです。

私たちのほとんどが、自分の真実、すなわち思い込みで生きています。

ご自身では気付くことの出来ない、生きにくさを作る原因となっているあなたの思考の癖に気付くとともに、現実的な思考を身につけていただきます。
生きやすい人生は、自分の力でつくることができる。
どんな状況に置かれても、自分らしく、ブレない自分でいられる、そんな自分を手に入れてください。

トラベルサイコセラピー

世の中には、多くの癒しグッズや方法が溢れていますが、その中でも 人の五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)のすべてに作用するのは旅行でしょう。しかし、旅行に行き癒されるはずが逆に疲れてしまった、好きな場所なのに楽しめなかった、そんなこともめずらしくありません。
それは、今のご自身にとって、本当に合った場所ではないということです。

今の自分にとって、本来の自分に戻ることができる場所はどこでしょうか。

ご相談者様の性格特性、優位感覚、身体状況をまずは把握し、本来のご自分になるために適している場所はどこか?どのような経過や予後が予想されるか?などを、
直観的、主観的側面を加味しながら見立てていきます。
トラベルサイコセラピーが意味する旅行とは、遠くに行くことだけではありません。 
今のご相談者様に合った場所は、意外にも近くのどこかなのかもしれません。
私達は、自分に本当に合った場所に身を置いたとき、本来の自分を取り戻すことができます。
そして、本来の自分を取り戻したとき、今までどれだけ考えても見つからなかったものが、見つかることがあります。

※これらの療法は、地蔵保幸氏によって創始された心理療法であり、NPO法人こころ-factory認定の民間資格です。

カウンセリングコースはこちら